妊娠検査薬がずっと薄い!妊娠してないサイン?

妊娠検査薬ずっと薄い
妊娠検査薬の判断って難しいですよね?


見本のように濃い線ではないけど


うっすら線が出ている。


「これって陽性?陰性?」


妊娠検査薬を使った女性ならだれもが一度は経験するんじゃないでしょうか。


よくわからなくって翌日妊娠検査薬を使ってみたら


また同じような線だったり。。。

妊娠検査薬がずっと薄いのは陽性?

妊娠検査薬の説明書によると


薄い線でも妊娠の可能性があるということです。


でも私の経験から言うと


妊娠検査薬がずっと薄い状態が続いていても


まだ妊娠に至っていません。


これまで何度も期待してきたけど残念な結果に終わってしまいます。

妊娠検査薬が薄いのに妊娠できないのはなぜ?

赤ちゃん来ない
妊娠検査薬が薄い線が出ているのに


妊娠できてないのは


化学流産の可能性が高いようです。


妊娠検査薬をしたときには着床しているけど


赤ちゃんを包む袋(胎嚢)をつくるところまで至らず


妊娠できなかった状態のことです。


化学流産は痛みや違和感もないので


気づかないうちに化学流産してた!ってことが多いようです。


翌月通常通りに生理がきたらそりゃ気づきませんよね。


妊娠検査薬がずっと薄いのになかなか妊娠に至らない場合は化学流産の可能性を考えたほうがいいかもしれません。

化学流産はよく起こること

痩せすぎ不妊7

「化学流産」という言葉にショックを受けたんですが


これは何も珍しいものではなく、


男性側、女性側、どちらに問題がなくても


3~4割の確率で起こるんです!


今回もダメだった=受精できなかった


と考えがちですよね。


でも妊娠検査薬に薄い線が出ているのに妊娠に至らない場合は


今回もダメだった=化学流産していた


ってことも考えられるんです。


化学流産だからといって落ち込まずに根気よく妊活と向き合っていくことが大事だな~と思いました。

妊活中のストレスに気をつけて

妊娠検査薬に薄い線が出るのになかなか妊娠できない!


というストレスがどんどん私を苦しめてきました。


そうしているうちに生理周期も乱れてきたんです。


これはストレスによってやホルモンバランスが乱れている証拠。


リセットになった場合、次のチャンスに向けて


自分の体調管理をすることも大事です。

ストレスが溜まるとどんどん妊娠が遠ざかる?

長年不妊治療を受けていた女性が


妊活をあきらめたとたん、妊娠した!


という話、よく聞きませんか?


これってまさに妊活のストレスから解放された証拠です!


ストレスって妊娠にものすごく影響を与えるみたいですよ。


だからといって仕事、家事、妊活


すべてをこなそうと思ったらストレスがたまって当然!


自分でストレスをためないようにコントロールするのは難しいです。


だから私は妊活マカを飲むようにしています。

ストレスを卒業!授かりやすい身体をつくるには?

女性の妊活サプリとして話題になっているマカ。


マカは身体のリズムを調整する手助けをしてくれます。


マカでおなじみヤマノでは


マカを摂ることでホルモン値がUP!という研究も発表されているんですよ。


ヤマノマカホルモンUP


これは言い換えれば授かりやすい身体づくりができるということです。


マカがストレスから女性を守り、妊娠へとつながることが証明されました。


ヤマノマカ学術誌


自分でストレスを解消したりコントロールするのは難しいです。


マカの力をかりて授かり力を高めるのも一つの方法です!



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ